あと89日~田村侑久という天才

いつもお世話になっております。方丈ラッコです。

90日代があっという間に終わりを告げ、80日代のカウントダウンが始まりましたね。まだまだなのにそわそわします。

今日大学の講義で友達に趣味や最近の悩みなどについてインタビューし合うという導入があったのですが、そこで友人に言われた一言。

「ラッコの人生ってボイメンを軸にしていろんなものが回ってるんだね」

…………

それはそう。

好きなものはボイメン
趣味は旅行=遠征してライブいくこと
悩みごとはお金がないこと=遠征できないこと
頑張ってることはバイトと節約=オタ活のため
将来の夢は名古屋で独り暮らしをすること

絵に描いたようなダメなオタクです。でもいいんだ、ボイメンが生きるモチベーションだから。
身なりに気を使うのも勉強バイト頑張るのもボイメンがいてこそだから。止めてくれるなベイビー。今日も元気なキモオタです。

さて、ラッコの日記はこのくらいにして。


田村侑久さんお誕生日おめでとうございます。

f:id:bmyutori:20181017182616j:plain
※画像に悪意はありません。

さて、今日はたむちゃんについて熱く語っていこうかななんて思ったんですが、私はたむちゃん推しの皆さんに比べてあまりにたむちゃんの魅力をあまりに理解できてなさすぎる自信があります。
だから「私の愛する田村様のこと好き勝手いうやつはどこのどいつだ!!」ってならないでほしいからいっそ田村の女には読まないでほしいというか、とにかく気を悪くする予感がしてたら逃げてください。石を投げないでください。頭の悪い平松の女が勝手に書いてるんですごめんなさい。



思えば私がまだ「BOYS AND MEN?あ、ゆーちゃむがいるところね、名古屋の」くらいの認識だったとき、私にボイメンの魅力を教えてくれたのはたむちゃんだったように思います。

当時の私は筋金入りの特撮オタクで、ゆーちゃむのことも仮面ライダー鎧武から知りました。
鎧武は珍しく役者さんにまでどっぷりはまってしまって、特典見たさに当時幼少からお年玉を貯蓄し続けてまあまあ貯まっていた口座をがっつり崩してDVDを買い漁っていました。

ボイメンの動画をYouTubeで検索したのも100%ゆーちゃむ目当てでした。

その時見たのは忘れもしない、ボイメン騎士の動画です。

料理男子のゆーちゃむに、包丁すらまともに扱えない料理下手なメンバーがチャーハン作りで挑むという企画。
その挑戦者がたむちゃんでした。

ボイメン全く知らない私でも分かる、無謀な挑戦。
でも無謀な挑戦だってなんだって、プロの料理人に指導を仰いでとにかく繰り返し繰り返し中華鍋振って特訓して、全力でやるたむちゃんの姿が、本当に輝いて見えました。
ゆーちゃむ目当てで見た動画なのに、「この人すごい」とたむちゃんを本気になって応援してました。

そして対戦当日、血のにじむ努力を重ねてきたたむちゃんのマジな挑戦をメンバーが見守って声援送って、対戦相手のゆーちゃむも本当にいい顔で調理中のたむちゃんを見てました。あれはたむちゃんを格下としてじゃなく、ライバルとして認めてる顔だったと思います。
それを見て、「ボイメンってすごいチームだな」と率直に感じたわけです。
それからボイメン騎士の、たむちゃんがなにかに挑戦する企画の動画を探して見ました。歌へただったたむちゃんがゆとりについで採点ランキング3位を獲得したカラオケ選手権はめちゃめちゃ心に残ってます。
私がボイメンの動画を見漁るようになったきっかけです。

これもYouTubeにあった動画ですが、ヤンファイメンバーが自分のファンの女の子になりきってトークするMCがありました。そこでたむちゃんがいったセリフ

「私は特に何もできない田村がすき~!」

おもっくそギャグなMCだったけど、これにはたと考えさせられたりしたわけです。

確かに、たむちゃんは結構不器用な男だなと思います。
歌もダンスも演技もすぐできるようになったわけじゃない。ボイメン入ってからはじめてのソロコンは大失敗して泣きながら俊さんに話聞いてもらったりしたそうです。
でも、今はボイメンの人気投票不動の1位で、エンターテイメント集団ボイメンの顔として誰もが認めてる。

たむちゃんはボイメンの可能性だと勝手ながら思ってます。

できないことが多いけど、やると決めたら努力しまくって絶対できるようになる。料理だって歌だって途方もない数のチラシ配りだって、弱音を吐かずにやってのけてみせる。

「特に何もできない田村」は、努力の天才だとつくづく思うわけです。

「やる」と決めて行動することはきっと多くの人ができる。でもたむちゃんほど努力を継続できる人はそうそういないし少なくとも私の身近には見当たらない。
「夢は諦めなければ必ず叶う」たむちゃんの歩んできた人生そのものが、ボイメンの大切にしてる言葉を証明してくれてるし、どんなに無茶な挑戦だって「ボイメンならやってくれる」と信じられるのはたむちゃんがいるからだと思ってます。

f:id:bmyutori:20181017185225j:plain

メンバーが大好き。ファンのみんなが大好き。ボイメンが大好き。

そんなたむちゃんがこれからも健康で毎日幸せを感じながら生きていけることを心から願っています。

たむちゃんおめでとう!そしてありがとう!