あと10日~私的2018年ボイメン名言集~

いつもお世話になっております。方丈ラッコです。

遅れましたが、あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの人に大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

f:id:bmyutori:20190104123745j:plain
(お正月とはなんの関係もないけど、サムネがないのが寂しかったので、クリイベ後に食べたデニーズのパフェを載せる)

そんなことよりナゴヤドームまであと10日ですってよ奥さん!あっという間すぎるわね!
ナゴヤドームまでにするべきこと。荷物の準備、チケットとかFC会員証のチェック、飛行機やホテルの確認、双眼鏡を引っ張り出す、会うフォロワーさんにお手紙を書く、着る服を考える、パックで顔面を整える、部屋の掃除(一緒にナゴド行くフォロワーさんが泊まりに来るため)、心の準備色々ありますね。10日間忙しくなりそうです。今度こそ忘れ物なく名古屋に行けますように。

さて、ラッコの日記はこのくらいにして。

今回のブログのテーマは、ラッコが選ぶ!2018年のボイメン名言集です。

たくさんの名言(迷言)をうみ出し、私たちを笑顔にしてくれるボイメン。数えだしたらキリがないですが、今日私がパッと思い出せた名言について書いていこうと思います。さっそくレッツらゴー!


「8時19分です…」 吉原雅斗

中京TV動画のアプリで視聴できる、ササシマBASE Lab.の「第二回ボイメン室内運動会1」の「足指4メートル走」における吉原さんの一言。
水野、田中、平松、吉原の4人で競技するはずがなんと吉原さんが寝坊して新幹線を乗り過ごし不参加という事態に。
競技が終わってから撮影場所に滑り込み、綺麗に腰を折って深々お辞儀する吉原さん。
「今朝7時19分の新幹線に乗る予定だったんだよな?起床時間を教えてください」と水野さんに問われての名言でした。
平松「ちょうど1時間」
水野「起きたときの心境を教えてください」
吉原「…………どこかにいなくなってしまおうかと」
このやりとりが面白すぎて2019年もリピート確実の名シーンでした。


「こんなのあんまりじゃないですか!平子何にもしてないのに!!」 本田剛文

ボイボイ無限大の人気コント「インスタガールズ」保健室編でのほん子のセリフ。
お腹が痛くて苦しむ平子を見てJKというよりはアメリカアクション映画の主人公のごとく情熱的に叫ぶほん子に保健室の吉原先生も「君だけテンション劇場版だねw」とハイセンスなツッコミ。
なお平子はかき氷3つとアイスキャンディー2本とセミ(素揚げ)2匹を食べていたので何もしてないなんてことはなかった。


「分かりやすく言うとエースですね」 辻本達規

アベマTVの『買えるバトルクラブ』記念すべき第一回目の放送でボイメンから本田さん、辻本さんが出演した際、スタッフに「ボイメンで辻本さんはどんな存在か」と問われたときの辻本さんご本人の回答。本田さんに「馬鹿言ってんじゃねぇ」とけちょんけちょんにディスられてるのに真顔でハッキリ自分で言っちゃうあたり優勝すぎた。そのままの君でいて

「僕の彼女です!」 平松賢人

ボイメンからは平松さん、吉原さん、水野さんが出演した映画『人狼ゲーム インフェルノ』の舞台挨拶前?の平松さんの一言。演技のお仕事で初めての大役、しかもかわいい彼女がいる役で気合い十分だった平松さん。明るい役柄に入り込むために、カメラが回ってないときからキャストのムードメーカー的存在であろうとハイテンションで振る舞っていたそうです。
そんな中、一人での撮影が多かった水野さんに「僕の彼女です!」と彼女“役”の都丸紗也華さんを紹介し、水野さんにも都丸さんにも「はぁ?」って顔をされるという痛……インパクト強めのエピソードがありました。
平松さんは都丸さんにたいそう親しみを抱いたらしく、舞台挨拶中は「舞~~!!」と熱いラブコールをし、マイクに声が入らない都丸さんにすかさず駆け寄って自分のマイクを差し出して彼氏面、ボイメンだけのトークの時も都丸さんの女優根性を褒め、と初めての彼女()にとっても嬉しそうなのかわいすぎました。
人狼ゲームインフェルノにまつわるボイメンのエピソードは枚挙にいとまがないというか、伝説のういろう差し入れ事件も含め面白エピソードばかりですのでDVDの購入をおすすめします!!!


「前の人の肩とかにしがみつくのはあり?ありなら最後尾」 田中俊介

ラジオ『栄第七学園男組』の企画で「心霊スポットに水野、小林、田中で行くなら、最前列、最後尾のどこに並びたい?」という究極の選択についてトークしてたときの田中さんの一言。あの治安悪めの顔面とバキバキの肉体の持ち主がそんなかわいいこというのずるすぎない??心霊スポットの話してる間ずっと嫌な顔してたらしいし、最後には「もうこの話やめよう……」って弱々しく言ってたのがしんどいオブザイヤーでした。おばけと虫が怖い俊さんすき。


「え?どっから来たん!?」 土田拓海

本田さん、平松さん、土田さん出演のニコニコ生放送にて、田村さんと土田さんで一緒に秋葉原メイド喫茶に行ったことがあるという話題になったときの一言。
東京の仕事だったのかな?空き時間に東京っぽいところ行きたいね、となり、たむつちで本場のメイド喫茶にいこうとなって二人でメイド喫茶に入ったそうです。そして「いらっしゃいませご主人様!」とか「萌え萌えビーム」みたいなことやってもらえると思っていたらすごいカジュアルに「え、どっから来たん!?」ってメイドさんに普通に話しかけられてげんなりしてジュース一杯のんで帰った(土田談)とのこと。
「それはよくない。別に萌を求めてる訳じゃないけどアトラクションとしてちゃんとやってほしいよね。猫カフェに猫いねぇみたいな話になっちゃうから」って本田さんが力説していたら
平松「ぼくもたむたむにメイド喫茶連れていかれたことある」
衝撃の事実。平松さんも萌え萌えキュンな接客はしてもらえなかったらしく、たむたむがつれてくところが塩対応なんだろうという結論になってて笑いました。
土田「俺と賢人おんなじとこ連れていかれたこと可能性あるくない!?」


「何されてもいい覚悟、あるんだよな、せんせ?」 水野勝

ボイメン恋学生編のストーリー配信開始時に公式ラインから届いた画像に書かれていた水野さん(27歳 高校生)のセリフ。
これを読んだ途端、素敵ーという思いと同時になんというか、えもいわれぬというか、こう、うわーーっとした気持ちが体を駆け巡り、耐えきれずオタク友達に「こいつを見てくれ」と画像を見せたところ「演者の年齢もあいまって企画もののA●みたい」という一言。それだ。なんだか異様に印象に残っている一言です。


「みなさん!!すみません!!今日来るときの新幹線に!!学ラン!わすれてきましたああああああ!!」 勇翔

8月の『炎・天下奪取』in立川立飛、ミニライブでの勇翔さんの一言。
ノーリミが流れて誠メンバーがスタンドマイクを手に入場してくるのですが、なぜか勇翔さんだけライン学ランではなく自前の短パンにサンダル。ざわつくファンを置いてけぼりにしてはじまる1曲目。歌い終えたあと本田さんから「お前なんやその格好は!!」と怒られてからの名言でした。
前日長野県高山村のお祭りにゲストとして出演していた勇翔さん。東京へ向かう新幹線に乗ったはいいものの、新幹線に学ランを置いたまま降りて立川立飛に来てしまったとのこと。
楽屋に入って3分後、「しまったああああああああ!!」と膝から崩れ落ちて誠全員にものすごく心配されたとのことです。
本田「今学ランが大急ぎでこっちに向かってますので!」
吉原「てーへんだてーへんだ!いそげー!ってねw」
二部では無事に学ランを着用してパフォーマンスしていて安心しました。


ざっと思い出せたあたりはこんな感じ!!
まだまだ書きたい名言や思い出せないけど神だった一言などあると思うんですが、私の脳が弱すぎて…ぶっちぎりマコライのMCとか…くそ楽しかったのに思い出せない…自分のレポすら見返してぇ…

惜しくもランクインを逃した「シロ、クロ、シロクロ」(ボイボイ田中)や、「雅斗おらんの?」(ボイボイ平松)などもありましたが、書ききれないのでこの辺で。

ちなみに個人的殿堂入りはボイボイ無限大平子の「ばえばえ~!」と「ウケちゃう♡」です。
みなさんの2018年ボイメン名言は何でしたか?